高い技術や実績が求められるハロゲン分析について知ってみる

安全性を追求した製品づくり

日常で使用している製品に有害物質が含まれていると、知らないうちに健康を蝕んでしまいます。企業や消費者双方にデメリットが降り掛かってしまうため、ハロゲン分析やROHS分析などを行ないチェックを重ねていくことが大切でしょう。これらの調査に対応した機関は多くあるため、安心して使用ができる製品を提供できるよう、丁寧に分析をしてくれるところを見つけておきたいところです。

特に選ばれている分析ランキング

no.1

RoHS分析

RoHS分析はEUが定めている有害物質が含まれていないか検査を行ないます。主に鉛や水銀、カドミウム、六価クロムといった物質が挙げられ、どの国においても敏感に取られられる危険な物質です。これらの基準をクリアした製品と判断されることで、高い信頼を得ることができるでしょう。これらの分析に限らず様々な方法が展開されているため、それぞれの特徴を踏まえて選んでおきたいところです。

no.2

フタル酸エステル分析

フタル酸エステル分析が用いられる場面といったら、おもちゃに含まれる物質のチェックです。口に入れてしまうとシックハウス症候群を発症するリスクがあるため、特に何でも口にする幼児向けの商品に必要な分析といえるでしょう。シックハウス症候群については喘息のリスクがあり、重度になると命の危機に関わるため、とても慎重に対応しておきたいところです。

no.3

REACH高懸念物質分析

REACH高懸念物質分析では色んな種類の物質に対応しており、細かく分析をして欲しいときに選ばれます。その分だけ費用は高くついてしまいますが、交渉によっては特別プランを提案してもらえるため、まずは個別で相談をしておくことが良い選択です。

高い技術や実績が求められるハロゲン分析について知ってみる

研究

資料請求をしてプランをチェック

ハロゲン分析を依頼するには、先ず提供しているプランについて知ることが必要です。分析を提供している機関では無料で資料を提供しています。もちろん、無料でありホームページから請求が可能であるため、それらを通して目的にあった分析プランであるか把握ができるでしょう。また電話やメールでも簡単な質問をしておくこともできます。

結果はメールでの通知が用いられる

ハロゲン分析の調査結果に関してはメールで行なう場合があります。迅速に結果を知ることができるため、郵送が完了するまで待つといった時間を省けるというメリットを持っています。なお、重要な情報を扱っているということで、連絡先に関しては漏れや相違がないかよく確認しておきたいところといえます。また、結果を受け取ったら迅速に入金を済ませておくことも大切です。

情報の管理がしっかりしているか

ハロゲン分析では製品の状態を詳しくチェックしていきます。これらの情報が漏洩すると依頼した企業側に様々なリスクが降り掛かってしまうでしょう。安心して分析を依頼するためにもプライバシーポリシーがしっかりしている機関を選んでおきたいところです。そのため、分析の方法や実績以外にもチェックすべきポイントといえるでしょう。

広告募集中